Service

事業内容

あらゆるの空間を
ARの力で
エンターテイメントの舞台に

サービス詳細を問い合わせる

体験型ARエンターテイメント

モノが飽和しつつある現代において、人々はコト(=体験)を求めるようになりました。

一方で、体験を届けるための「空間」を作るには多くのコストを要します。

私たちはARの力を使い、低コストで現実世界を書き換えることで、商業施設や街中といったあらゆる場所の体験価値を引き上げます。

届けましょう。あなたの持つ「空間」で、体験型エンターテイメントを。

Works導入事例

Flow導入プロセス

  • STEP1

    実施空間の選定

    コンテンツを提供する複数箇所のスポットを選定します。新たな周遊導線としても機能するため、効果的な回遊施策になります。

  • STEP2

    マーカーの選定

    ARコンテンツを提供可能にするマーカーを選定します。景観に最も馴染むマーカーを選びましょう。

  • STEP3

    運営研修の実施

    ARコンテンツの利用方法、販売管理上のオペレーションについて、プロのスタッフが研修を行います。

  • STEP4

    提供オペレーションの開始

    コンテンツの販売窓口をご用意していただき、専用機の貸し出しおよびチケット販売を行っていただきます。

  • STEP1

    実施空間の選定

    コンテンツを提供する複数箇所のスポットを選定します。新たな周遊導線としても機能するため、効果的な回遊施策になります。

  • STEP2

    マーカーの選定

    ARコンテンツを提供可能にするマーカーを選定します。景観に最も馴染むマーカーを選びましょう。

  • STEP3

    運営研修の実施

    ARコンテンツの利用方法、販売管理上のオペレーションについて、プロのスタッフが研修を行います。

  • STEP4

    提供オペレーションの開始

    コンテンツの販売窓口をご用意していただき、専用機の貸し出しおよびチケット販売を行っていただきます。

FeatureENDROLLの特徴

  • モノだけを売ることに
    限界を感じる

    モノだけを売ることに限界を感じる

    商業施設を利用するお客様の大部分は、決して物を買うためだけに訪れているわけではありません。
    当社のARコンテンツを導入することで、「体験」という商品をお客様に提供することが可能になります。

  • 店舗内の回遊率が低い

    コンテンツ提供にあたって、有効活用できていないデットスペースを利用します。
    プレイヤーはゲームを遊ぶと同時に本来訪れることのなかった施設内のあらゆるチェックポイントを経由するため、 新たな回遊ルートを創出することが可能です。

  • 景観を損ねる施策は
    打ち出しにくい

    景観を損ねる施策は打ち出しにくい

    ARで書き換えるのは、あくまでも「スマートフォン越し」の世界です。
    施設の景観にはほとんど影響を与えることなく、体験を作り出すことが可能です。